トラックバック(Trackback)とはいったい何だ?

トラックバック(Trackback)とはいったい何でしょう?

それは、一般的なブログに付いている機能のひとつです。

トラックバックの機能を使うと
他の誰かの記事に、関連する記事を自分が書いた時に

 「あなたのブログの関連記事を書いたよ!」

ということをアピールすることができます。
具体的には、相手先の記事の後ろに自分の当該ブログ記事のリンクを残していくことができるのです。

こうする事によって全くつながりのなかった人たちが、
1つの記事を通してつながっていく事ができちゃう、という便利機能なのです。


 …例を上げてみましょう。

A子さんが、あるダイエット商品を試してみた時の感想をブログに書いたとします。
それを読んだあなたがそのダイエット商品は○○な使い方をするともっと効果があるよ! という記事を自分のブログに書きます。

それだけでは、A子さんやA子さんの記事を読んでる人には、あなたの記事の存在を知る事ができませんよね。

そこでトラックバックの登場です。

A子さんの記事の後ろにはトラックバックURL(アドレス)が書かれていると思います。
そのURLを自分の記事を投稿・編集する時に入力できるエリアがあると思うので、そこに記述して投稿すると
A子さんのダイエット記事の所に、あなたの記事の見出しとリンクが貼られます。

これでA子さんやA子さんの記事を読んでいる読者の人たちに、あなたの記事の存在を知らせる事ができるのです。
そのリンクを見つけた人たちがあなたのブログに訪れてくれるでしょう。

トラックバックはこれで完了です。


ただし、暗黙のルールとしてトラックバックをする時は、相手先の記事を自分の所で紹介する&リンクを貼る、というのが一般的認識のようです。
(解釈は色々あるようですが…)

例の場合で言えば、あなたのダイエット記事の中で 「A子さんのブログを紹介&リンクを貼る」 ということですね。
それをしないと、あなたの記事を読んでいる読者は、A子さんの存在を知ることができませんよね。
A子さんの記事には、A子さんが望む望まないに関わらずあなたのリンクが張られているのに、です。

それではA子さんの所から読者があなたのブログに流れていくだけで、A子さんにはメリットが少なすぎますからね。
リンクを残していった代わりにお返しはちゃんとしなくては駄目、ということです。

時々、「勝手にトラックバックするな!と怒られた」 と言う話を聞きますが
たぶんそれは相手先のブログにトラックバックをしてリンクを残すだけ残して、自分の所では相手の紹介やリンク返しのお礼をしていないから…
という要因が多いのではないでしょうか。

心当たりはありませんか?


以上が一般的なトラックバックに関する説明です。

ただし、
トラックバックセンターと言われる「トラックバックを募集しているサイト」は、 その一般的トラックバックのルールとは少し異なる部分があります。

それは、あなたのブログでこのセンターの紹介やリンク返しなどをする必要はない、という点です。
トラックバックを自由に行って構わないのです。

相手のことを考えずに自由に自分のブログを紹介したり、宣伝したり、繋がったりできるための空間として
トラックバックセンターと呼ばれる場所が存在しています。
ですから皆さんもそういった、便利なサイトを有効活用してトラックバックをし、ブログの楽しさを実感してみましょう。



news

Ranking